株式会社アイオーワンのスタッフブログ

美術展のススメ

2012.07.19

大阪でのツタンカーメン展が終了しました。めったにない機会でもあり、入場料の高さに驚いたりしましたが、是非に!と思っていたのに 気づけば最終日。。。 さすがにお昼頃に気がついたので断念しましたが、勿体ないことをしてしまいました。 美術展は敷居が高いとか、高尚な趣味で、、などといわれる方もいらっしゃいますが、 実は全然そんなことないんですよね。 特に人気の美術展は入場制限がかかるほど来場者が多く、会場内は熱気にあふれていますし、 意外とザワザワしています。 私個人的には好き嫌いがハッキリしていますので、いくら大作・名作と言われていても、 「え~??」と思うと、さっさと次に移動してしまいます(笑) 逆に大好きな絵は、近づいたり離れたりと、絵の前で動きながら、 細部までじっくり・・というよりはジロジロ見ています。 ただやはり話題の大きな美術展は、本物を目の当たりにできる貴重な機会ですから、 なるべく行くようにしています。 というのも映像や写真だけではサイズ感が分かりにくいですが、 実物は意外に大きかったり、びっくりするほど小さかったりと、意外な発見があります。 そんな中、この秋に京都で開催される「大エルミタージュ美術館展」は、ちょっと楽しみです。 サンクトペテルブルクにある美術館の展覧会で、西欧美術の傑作絵画はロシア国外最大規模、 特にマティスが30年ぶりに京都へ! ・・・ということらしいです。 海外の古い絵画は宗教画が多いので、絵の知識よりキリスト教を少し知ってる方が楽しめるかも知れませんね。

ページトップへ