株式会社アイオーワンの社長ブログ

プロフェッショナル心得(第30条) 悩むより、先ず、体を動かせ。

2013.06.15

第30条   悩むより、先ず、体を動かせ。じっとしていては妄想ばかりで、智恵も出てこない。
トーマス・エジソンの名言に

「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。
電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ。」

という有名な言葉があります。
この名言はいろんな経営者が引用しているだけあって、すばらしい名言だと思います。

プロフェッショナルもしかり。

行動する前に仮説や想定を立て、よく考えることは重要なことではありますが、考える時間ばかりが過ぎていくと、その仮説や想定は、ただの『妄想』でしかなくなります。

結局頭の中だけで考え、動かなければ、失敗もしませんが、成功もしません。

プロフェッショナルは、先ず動く。

それが想定した結果でなければ、直ぐに修正する力もあります。

この力とは、動いた中で生まれた、いわゆる失敗という類の中から身に着けていったものです。
それこそが、人間だけが持つ知恵なのです。

 

プロフェッショナル心得(第29条) 誰よりも豊富な情報を、自分の力で集めよ。

2013.06.08

第29条   誰よりも豊富な情報を、自分の力で集めよ。アンテナが高くなくては、情報は入ってこない。
今の時代は新聞や雑誌、テレビといったメディア媒体だけでなく、インターネットを使った検索サービスやSNSを用いることで、多量の情報を入手出来るようになりました。

しかし、これらから得られる情報には、他者の「主観」というフィルターがかかって発信されていたり、信憑性が疑わしかったりするものが多いのも現実です。

また、自分が必要としていない情報が入り乱れており、その中から真に必要とする情報を抽出するのは、よほど自分のアンテナの感度がよくなくてはいけません。

このような他者に頼る一方的な情報収集ではなく、自分にとって本当に必要な情報とは、自分の力で見つけるしかないのです。

どんなに検索サービスが便利でも、検索するキーワードを選ぶ力がなければ役には立ちませんし、検索サービスは新旧の区別なく検索したキーワードを表示させますから、その中から新しく必要な情報を選ぶ力も必要になります。

当然のことながら、今自分に必要な情報とは何か?を知っておくこと。


これを知っていると、無駄な情報に踊らされることはなくなりますし、「この情報が欲しい」と思うことで、その情報をキャッチするアンテナが敏感になり、情報を得やすくなります。
常に自分に必要な情報のアンテナを張り巡らせ、キャッチ出来るキーワードを工夫する努力をすること。


そして、各専門分野で相談出来る人脈を築き上げる努力を惜しみなく出来ることが、情報をキャッチできる高いアンテナを持てます。

特に、人からもたらされる質のいい情報を得られるかどうか?は、大変重要であると経験上言えますので、よい人脈を持っていることが一番のアンテナになると思います。


プロフェッショナルと呼ばれる人は、このように質のよい、旬な情報をたくさん得ることが出来る人なのです。

 

プロフェッショナル心得(第28条) 説得力を身に付けよ。

2013.06.07

第28条   説得力を身に付けよ。説得の第一歩は、他人の話を真剣に、一生懸命に聞くことから始まる。
説得力とは、相手を納得させるだけの力を持った話し方や、論理の展開のしかたのことです。
説得力と聞いて、「相手を言い負かす」と思っている人もいますが、これは説得力ではありません。

「相手を言い負かす」説得をする人は、相手の心が頑なになるだけで、結局は説得できないことが多いものです。


プロフェッショナルは、まず他人の話を聞く所から始まります。
相手が何を欲しているのか?何に困っているのか?
これらのことを事細かく聞くことで、本当の課題が見えてくるのです。
そして、その課題に対する答えは、実は相手自らが持っていることが非常に多い。

ですから、場合によってはこちらから何の解決策を提案しなくても、相手の話を真剣に聞き進めるうちに、相手が自ら導きだすこともあります。

それが出た時点で、その課題に対しての説得を行わなければ、本当の意味での説得にならないでしょう。
その「本当の課題」を引き出し、それに対して説得を行うのがプロフェッショナルと言えます。

その為には、一つ一つの言葉を真剣に聞き、その話の中から、瞬時に課題を見つけ出すヒヤリング力が求められます。

このヒヤリング力こそが、説得力に繋がるのです。

 

ページトップへ